Jogga

仮面劇『犬神』で抱く多幸感

October 26, 2013 1:35 AM jammy  演劇 長野

演劇実験室カフェシアター公開ワークショップVol.37『犬神』を観劇@長野市ネオンホール。

一族が次々と不可解な死に方をする首家(くびけ)の末裔ミツは、谷間にある犬田家に嫁ぐ。ある日ミツは山で犬に襲われ気狂いに。9ヶ月後、子供を身ごもったミツは「犬の子が生まれる」と言って生むことを嫌がり、村人たちからは「犬憑き筋の家から生まれた子はきっと犬だ」と噂される。誰からも望まれることなく生まれたのが、主人公の月雄。
母・ミツは月雄が5歳の時に草刈り鎌で自らの命を絶ち、月雄の父は女と逃げてしまう。家には姑と月雄のふたりだけが残り、月雄は母の幻影を抱きながら成長していく。そして「シロ」という名の犬と出会い、月雄の人生が流転し始めるのであった―。
というようなお話。

■幸せってなんだっけ?
村八分や爪弾きといったTHEニッポンの習俗性や土着性がじゅくじゅくと滲み出るコミュニティの中で生きる月雄。彼が生まれた時から抱き続ける徹底した孤独感は、この土くさい集落で生きるための唯一の指標だったのではなかろうか。孤独が月雄を守っていたのではなかろうか。成長し、賢い大人になった月雄は、その賢さゆえに孤独を断ち切ろうと一匹の犬に傾倒し、孤独(という指標)から目を逸らしてしまった。孤独でよかったのではないかとさえ思える月雄の生き方。変わらず孤独であれば、あんな絶望的な幕切れも訪れなかったのではないか。
何をもって「幸福」なのか。何をもって「不幸」なのか。その境目が緩やかに混じり合っていく。それも犬神の仕業なのかもしれない。

■仮面が持つ、演劇に対する拡張性
複雑に入り組んでいるわけでもなく、時間軸が交錯するわけでもない、清々しいほどに潔いあらすじ。物語。元々はラジオドラマとして書かれた作品というのも頷けるこのストーリーを、単に達者な役者が演じるだけでは余りにもスマートで、余りにも食べやすい70分である。「清々しいほどに潔い、スマートで食べやすい物語」を、とことん怪しげで薄気味悪く、食べにくく、一筋縄ではいかない演劇に拡張しているのは、仮面の存在だ。全編登場人物が仮面をつけて演じているその姿こそ、『犬神』を見終わった後に残る満足感の正体だ。精巧で怪しげないくつもの仮面の妙味と、寺山修司が生み出した鋭く突き刺さる台詞の数々。この2つを味わった観客は、誰しもがお腹いっぱいで劇場を後にしたのではないか、そう思ってしまうほど仮面と台詞の圧が凄まじい。仮面欲しい。

■全員芝居が達者というミラクル
印象的に残っているのは少年時代の月雄が犬に囲まれるシーン。どこからともなく聞こえてくるたくさんの犬の遠吠えと、そこにただ佇む月雄に武者震い。その他気になる演技やシーン多数。プロローグの長台詞(すごい長い)を、キレキレな勢いで語りまくる女詩人。怒鳴りこんでくるおかみさん安定の怒り芝居。白痴ライクで世間知らずな娘の花嫁姿を見て、娘以上にキャンキャン喜びグルグル走り回る、けったくそ悪い母の存在感。自ら縄でカラダを縛って痙攣していた黒子の動き。惨めったらしくもかっこ良い月雄の父と、学校の先生のユニークな身体表現。青年になった月雄の儚さ。
役者さん全員達者っていうのもさすがのカフェシアター、な印象。好みの演劇を、好みの役者さんが演じ、何より主宰・中沢清氏の演出作品を観ることが出来たという多幸感を抱きながら、傘を適当に差して家路を急いだ。

ひとつ言うなら、照明が暗すぎるのではなかろうか。今回に限ってはもっともっと明るくたってよかったのではないかと思う。個人的には冒頭に登場する女詩人の顔があまりよく見えなかったことで、なかなか物語への没入が出来なかった。何よりさまざまな趣向を凝らした仮面がよく見えず、結構ストレス。かなり明るくてよく見えるのに、仮面をして演じているから役者の顔は見えないのだ!という、見えてるけど見えてない、なコントラストを期待していたのだが、少し残念。

長野市ネオンホールで10月27日(日)まで上演。観た方がいいなぁ。台風も逸れたし。
======
演劇実験室カフェシアター公開ワークショップVol.37『犬神』
■作=寺山修司
■演出=中沢清
■出演=クランシー京子、ユッカ、如月はつか、雪之丞大、下垣浩、ジューシー奥村、yumi、ゆかり、小林日香里、松本阿子、一樹玻瑠、アロ~ハ太郎、ヒロミ・デ・バルドー、しゅうな、ミズタマリ、チキータ北島

●故・寺山修司が率いた劇団「演劇実験室 天井桟敷」の元劇団員であり、長野市の演劇界の不穏で確かな通奏低音的存在である中沢清氏が率いる「演劇実験室カフェシアター」の最新公演。演目は、初期寺山戯曲の名作「犬神」! ディープな演劇ファンから演劇未経験の方まで...乞う、ご期待!

【上映時間】
10/26(土)開場14:30/開演15:00
10/27(日)開場14:30/開演15:00
======




welcome to happy set by jogga
ジョッガ代表がhappy setな調子で謳い、綴っています。

最近のブログ記事

月別アーカイブ