Jogga

内臓中心にマッサージ

May 27, 2010 3:48 PM charly  はいはい

※結構長いです※

先週末、名古屋に遊びに行ってきました。
メインは心の友・もなか誕生日であり、
彼女が誘ってくれた某ライブでありましたが、
幸せなことにサブ行事も充実、
ツアーまるごと、体の芯からもみほぐしてくれるような
なんとも不思議な
温浴効果のあるものでした。


①温浴成分その1:ノリタケ

名古屋駅より徒歩20分程。
※ウォーキングで温。

こちらはノリタケの森にて作成した
クルクンパーオリジナルマグカップ。
(単なる絵付け体験です)
絵付け後、焼いて自宅へ送付してくれます。
たった今到着したてのホヤホヤ。
danshi.jpg
こっちから見たら男子向けです。
(丸ナスっぽいけどかぶとむしです)

joshi.jpg
逆からみたら女子向けです。
(とりたちとバラです)

途中行き詰まったり、あきらめたりと
時間を忘れ夢中になってのめりこんだひととき。
脳が若干しびれましたが、
この脳疲労って、わりと気持ちがよいのですよね。
(息を詰めていたことによる
単なる酸欠かもしれませんが)
※熱中で温。



②温浴成分その2:アサダケ

2日目、三重県津市まで電車に乗ること1時間程。
※日本特急旅行ゲームでしか知らなかった
  津市に足を踏み入れるという興奮で温。
tsu.jpg

豪雨との予報に、
シャチホコ観光をとりやめ、
マツボちゃんツイッターで拝見してた
浅田政志写真展(5/30まで)へ行くことにしました。
※まだやっていたことに温。
asada.jpg
はるばるきたぜ、小雨降る三重県立美術館。

「浅田家」は存じていたものの、その程度の前知識。
でも、相当なおもしろさを期待してのしのし入場。

「大人2人ください」
「チケットは自動ドアの外のあちらで・・・」
※恥ずかしくて赤面で温。

そこへふらり通りかかった男性、
「今日はどうも~来てくれてありがとうございますー
何ヶ月ですか~、中にもこどもの写真たくさんあるんでー
あれ?姉妹??似てるーあははは」
見たいな感じで、なんと気さくに話しかけてくるのかしら、
来てくれてありがとうって、
やっぱりご本人でしたー。ふらりすぎ!
さらに、入り口ゲートにはお父さんがうろうろしてます。
※一連のハートウォーミングなやりとりで温。

中はなんと写真撮影自由ということで、とりまくりです。
※iphone大活躍で温。

作品は、どれも構えず普通の顔して見て楽しむことができて、
ほんとうにすきなものばかりでした。
決してユーモアだけではない、幸福感を得ることができる四角。
悔しいとか、狙ってるとかそういう不快感を一切感じさせない
シンプルさがとても心地よくて、気づくと一緒に笑っているような
仲間に入れてもらえるような、あたたかい感覚。
展示物の工夫や手作りの懸命さがまたよかった。
飾らない魅力がつまっていました。
わかったり、わからなかったり、
そんなこと考えたりしなくていいんだって
自由を許されているような、そんな気がしました。
※熱き思いを投函できる
浅田家への手紙コーナーもあります、しました温。



③温浴成分その3:アイコ

それでもって今回、某ライブとはアイコちゃんだったのですが
初めてのトライです。
※アイコちゃん度浅く、びびり温。
aiko.jpg

いやはやびっくりしました。
こんなに丁寧にライブをやる人を見たことがなかったんです。
常に全力。
あんなでっかいホールなのに、
お客さんの声拾って普通に会話するし、
その言葉も非常に優しさに満ちているんです一言一言。
聞き流さず、丁寧に拾うんですよね。
というかずっと休まず喋っているし、
あんなに小さい体なのに終始走り回って
ぜんぜん息がきれないし。
そうとうなアスリートに違いないです。
※代謝を思うと温。

会場でいまいちのりきれない客って
絶対いると思うんだけど、
そういう人を放っておかずに、
「どうしたの?」って声をかけるような
「一緒にあっちへ行こうよ」と
ちょうどよい力で手をひいていくような
そんな感じです。
優等生ぶるとかアイドルぶるっていう
ポーズ、まったくなく、ただ自然と
そうするような仕組みの人なんだろうな、
すごい人だなあと。こんなに売れている人なのに。
丁寧でやさしい。
「流す」ということを考えもしないまじめさなのに
暑苦しくない、程よい温感なのです。



④温浴成分その4:モナカ

そして連れ出してくれた張本人、
もなかちゃんです。
※お誕生日で温。
※アイスもなか由来のもなかなのに温。

高校時代からの長い付き合いですが、
まさに手足を存分に伸ばさせてくれる
広くて清潔で、
常に適温に調節されている浴槽のようなお方です。
体内にためた毒素の排出を促し、
芯から温め、
コリをほぐし、疲労をとり、
やる気をおこさせてくれる不思議な効能あり。

またひとつ歳を重ね、
お湯がやわらかくなったに違いないです、
おめでとう、いつもありがとう。

welcome to kurkunpää
kurkunpää(クルクンパー)はcharlyの書き散らかすスケッチブックです
ある、虫の計画を立てています
徐々にカタチになっていくと思います
どうか観察する気持ちでちらちら見てもらえればと思います

kurkunpääはフィンランド語で「喉頭」という意味です
「喉頭」らしさを予定しています

最近のブログ記事

月別アーカイブ