Jogga

かんぴょう仕事

July 19, 2010 5:08 PM charly  はいはい

kanpyou.JPG
幼少の頃より、かんぴょう巻きに目がないのですが
かんぴょうが瓜的なものからできている
と知ったのは、ずっと後のことです。

先日、その瓜的なもの
夕顔をいただいたので、
はじめてのかんぴょう作りにトライしてみました。

ひょうたん的なもののようなイメイジだったのですが
カタチはむしろ大根的だなあ。

一部はてっぽうみそ(みそいためみたいなの)
というメニューにして食べたものの、
やっぱりかんぴょうがすきだなあということで
ひたすらむきむき、ネットに入れて干してみると
なんか細すぎたのか、ひもみたい。不安。
もっと太くてよかったようです。


さらにその数日前はあんずを大量にいただいたため、
一部は砂糖漬けにし、残りの大部分を
干しあんずにしてみよう試みたのですが、
小虫大量発生につき(うげー)、
大失敗に終わりました・・・
(砂糖漬けは無事です!)

ネットにはいれてはいたものの
無防備に出しっぱなししすぎたのかしら。
干せばいいってもんじゃないのですね。
やってみなきゃわからないことだらけです。
もったいないけど、学びます。


梅、かんぴょう、あんず、
そのまま調理しても食べられるけれど
手を加えて保存食にするものが多くて、
めんどうだなあと思いつつも、
作物が豊富なこの時期は
新鮮な味をたのしみながら一方で
長期的な目を持って貯蓄をする
そういう季節なのかもしれません。


今すぐ、やりおえて結果が欲しい
テスト勉強はもちろん一夜漬けだし、
無計画でせっかちで辛抱弱い(笑)
わたしにとって、こういう「準備」という考え方は
少しずつでも身に着けたい事柄だなあと思います。
(カイザーケイスケも「よい準備」と言っているもの!
ミーハー!ヒューゥ)

ときどき、
自分以外のすべての人や物が
高速で動いていて
どんどん取り残されていくような
どうしようもないあせりやさみしさを
感じるようなことがあったりするけれど、
もしかしたらそれは、
とても無意味なことで
今自分は
準備をして蓄えている時期なのかもしれない
そう考えた方が健康的だなと思いました。

ほんとうに静止しちゃってたら意味がないけど、
どんな貯蓄が必要か考えつつ
外見は低速に見えたとしても
脳内は常に動いていて
着実に内部に蓄積されていくものがあれば、
ついでに、
あせりやさみしさなんかを
その貯蓄をさらに加速させる力に変換できたとしたら、
すごく筋肉質でムキムキの丈夫な人になれるかもしれないと
そんな野望を抱いているところです。


ありがとう、
ひもみたいな
かんぴょう。
かんぴょうで筋トレ。



welcome to kurkunpää
kurkunpää(クルクンパー)はcharlyの書き散らかすスケッチブックです
ある、虫の計画を立てています
徐々にカタチになっていくと思います
どうか観察する気持ちでちらちら見てもらえればと思います

kurkunpääはフィンランド語で「喉頭」という意味です
「喉頭」らしさを予定しています

最近のブログ記事

月別アーカイブ