Jogga

太く、鈍く。

September 25, 2013 11:35 PM charly  

鈍くありたい。


~只今、

鈍さ20%増量キャンペーン実施中です。~

 

(参加者の声)
-------------------------------------------------------

わたしは、アレルギー体質です。

 

小学生のときから、アトピー、結膜炎、鼻炎、喘息と
いわゆるアレルギーマーチというやつで
ゴリゴリの筋金入りの半生を
こりゃまたにぎやかに過ごしてまいりました。

 

アレルギーって、過剰な免疫反応ですよね。

過敏症。シット!敏、シット!!

 

検査では一応、ホコリやらダニやらと出たことはあるけど
一人暮らしのときなんかめちゃくちゃ汚かったのに
比較的快適に過ごしていたし、
もっとずっとつらいときたくさんあったし。

だから、ホコリとかうそなんじゃないかと思うんです。

実のところ、何に「敏」なのか
自分のことながらまったくわかりません。

でも現実問題として、具合は悪くなるし...

 

はて。

 


...やばい、

今、宙を見たつもりが、
向こうの方からくるお坊さんと目が合ってしまった。

お寺の門の前で座り込んで悩んでたから
思い詰めてるようにみえたかしら。

いや、となりのお寺からの刺客がきて
ガンつけてると思われたかしら。

どうしよう、お坊さんが走ってくる、ような気がする。

走ってくる、ような気がする。

走ってくる、ような気がする!!

 

 

...なんだ、新聞配達の人か。

お坊さんですらないではないか。

バカ!この節穴め!!

 

ちょっと待てよ、

さっきの新聞、ほんとうにお寺宛なのか。
実はわたし宛の恐怖新聞だったらどうしよう。

でも確認しようとして新聞泥棒だと思われたら、

思われたら、

思われたら!!?

 

...恐怖新聞は窓ガラスを破ってくるだろう。
いやつまりその、それほどに、必ず本人に届くというものだ!
アハハ!そうだよ!

だって、届いたことに気づかなかったら
何が起きても、それじゃただの恐怖だし!

新聞部分どこ行った!

新聞要素あきらめたら
そもそも恐怖だって、半減だし!!

 


やだ怖い!!!!

 

かゆい!!!!!

ゲホゲホゲホゲホ...

 


そうか、わたしってこういうアレルギー体質。

どうでもいいこと考える
そういう過敏症だきっと。

 

 

という結論になりました。

 

無駄な思考は、本質を見えなくする。

振り返ると空っぽの時間。

そして暇なときほど、その「癖」がでる。

 

だから、意識的に

どうでもいいことを考えるスイッチを

ひとつひとつ切っていかなければなりません。


それが
わたしが抱えているハンデです。

 

鈍くすることは、
ピントを合わせること。

 

強く、シンプルに、

鈍くなれますように。


-------------------------------------------------------

 

あなたもキャンペーンに参加してみませんか。

welcome to kurkunpää
kurkunpää(クルクンパー)はcharlyの書き散らかすスケッチブックです
ある、虫の計画を立てています
徐々にカタチになっていくと思います
どうか観察する気持ちでちらちら見てもらえればと思います

kurkunpääはフィンランド語で「喉頭」という意味です
「喉頭」らしさを予定しています

最近のブログ記事

月別アーカイブ