Jogga

はじめてのキク

November 7, 2011 12:21 AM charly  はいはい

わたしと菊。

ピンポン菊をちょっと買ってみて、
育ててみるもスピード枯。


そのくらいしか接点もなく
わたしの人生に特に影響を与えてこなかった菊なのですが
ここへきてぐいぐい進み出てきました。
めっきり気になる存在です。

きっかけは、通りすがりの菊まつり。
動物園に行く際に、通り道にあったものですから
見ていくかねなんて軽い気持ちで歩いていたのです。

そしたらば
ん?
やや?
これは!
どういうことかー!


「菊人形」ってありますよね?
人形の胴体(服?)が菊いっぱいみたいになってるやつ。

なぜ菊。

みたいに、なんかうすうすおかしいなとは思っていたのです。
(犬神影響もありうっすら不気味さもあったり)


菊の作品の種類
(さっぽろ菊まつりのサイトに作品の種類の説明がありました
  菊の見方→出品菊の種類 のところをみてね)
3本仕立くらいまでは、菊!きれい、すごい!
って感じなのですが、(福助はなんとなくちょっとこわい)
前垂あたりから
おやおや?これは...
懸崖仕立、木の姿?
盆栽仕立!?
盆景仕立!!??

絵具的菊。模型的菊!
菊で菊じゃないものを作る菊作品、
菊のアイデンティティって...
菊愛好の世界ってなんというか深そうで
とっても不思議でございました。


でもって、食用の方の話なのですが。

薬膳では菊花は
「疲れ目や充血 目のトラブルに」効果があるといわれているそうで。

すぐ目がかゆくなるわたしにとって、
気になってはいたものの、
花は香るものだらう
うまいはずなし
というイメージでしたから
なかなか手が伸びなかったのですが、
本日、めでたく直売所にて購入してまいりました。

花びらがほぐれたものを選んだわたしに父。
「そんなゴミみたいのでいいの?」

ひ、ひどい...

がんばろうね、菊!
わたしの調理手腕にもよりますが
「意外とうまいね、菊!」といただけることを
期待しております、菊よ。
(まだ食べていないよ)


いつの間にか
菊擁護派の立場をとっとります。


※菊愛好家の方々、不愉快な表現の数々お許しください。




追伸:冷え取りは順調です
    靴下は4~6枚、絹T絹パン絹スパ導入しました
    ウールカバーソックス、
    レッグウォーマーの製作に着手しました
    お楽しみ中!

思いきる

October 1, 2011 11:27 PM charly  はいはい 胃腸

わたくしごとながら、
冬をむかえるにあたって
ひそかに一大決心したことがあります。


それは

脱・ヒートテック
脱・タートルネック

です!!!!


このご時世に!
この 大ヒートテック時代に!!

ずいぶん大きく出ました。


冬生まれながら、
決して寒さに強いわけではありません。
むしろ弱い。
だのになぜこの決断に至ったのかというと

・ヒートテック→静電気がすごい
・タートルネック→肩こりがひどい
(※個人的見解です)

とかねてから悩んでいたからです。


でもって、冷えとりをはじめたのですが
その内容ともつじつまがぴったりあうので、
これは!と決心した次第です。

・肌に直接ふれるものは
 綿麻絹などの天然繊維のものに
・上半身はゆったりとした服を

ああそうか、と。


いろいろありますが、
基本的には「頭寒足熱」を保つ ということで
とりあえずまずは
靴下の重ね履き が手っ取り早いので
さっそく試し始めたところです。
(初心者なのでまだ3枚)

5本指絹・綿・絹・綿...と重ねて
4~7枚とか、もうみんなどんどん重ねるらしいです。
それって、足どんな!!?と思っているのですが
3枚の今現在、
重ね履きの不快感みたいなものは全くなく
思っていたよりはるかにあったかくて快適だし
かなりあってるみたいです。

半身浴も、正直
「40℃以下なんかに20分以上も入ってたら
逆に風邪ひくさ」派だったのですが、
上半身をけしてぬらさない
(ぬれたらタオルでふきながら
もし肩にタオルをかける場合は乾いたタオルを!)
ようにすれば、あら不思議
ほんとにじんわり汗ばんでくるので
これはぜひお試しいただきたいです。


寒さきびしくなるにつれ
はたしてどこまで耐えられるでしょうか。

ちなみに、
グンラ グラの決心ですので、
両者を捨てるにはいたっていないことも
あわせてご報告いたします...


わたしがこれらを着ているところを
もし見かけるようなことがあれば
どうか、そっとしておいてください。

すももも ももも

September 2, 2011 12:02 AM charly  はいはい

以前は知らなかったのだけど
長野はももがたくさんあります。
いろんなももがあります。
(全国で3位くらいと聞いた)

いろんなの食べてみてるんですけれど...
どうも固いんです。
(※個人的感想です)
わたしのもものイメージはとろとろのやつだから
なんかガリガリしてて違和感。
たぶん品種の違いなんだろうと思って
こちらのともだちに
「長野のももって固いよね」
って聞いてみたのですが
「少しおいておけばやわらかくなるよ」と。

ちがうんだよなあ、そういう固さじゃないんだよなあ。
だって、山梨のももいただいたら、
あきらかに果肉の質がちがったもんなあ。
でもこっちで白鳳選んで買っても、固いんだよなあ。


固さの謎については迷宮入りなんですが、
固いんであれば、あれができるかも!?

ももを切るときって、どうやって切りますか?
種でかいでしょ、だからいつもこっぱみじんで
お客様に出せない。(意味不明ですか)

なんでも
「アボカドのように、半割に切れ目をいれて
果肉をぐるりとひねり、種をはずして...切り分けるとキレイ」
らしく、
その噂を聞いてから何度も試したのですが
果肉やわらかいじゃん、無理。
てなことが多くて。

固いももに親しんだこっちの方なら!と思って
また聞き込みしてみると

「わたしね...皮ごとかじるんだ」(はにかみつつ)

!!!
衝撃!!!!
毛生えてるから、まさかの食べ方でした。
「固い方がすきだから、ガリガリかじる」
とのこと。
しかもどうやら、これは彼女が特殊ということでもなく
結構そういうひと、いるらしいのです。


そうかー。
想像もしなかった方法が
ぜんぜんメジャーだった ってことがあるんだなあ。
長野3年目、結構なじんだと思ってたものの、
まだまだ新鮮でおもしろい衝撃があります。

あと、こちらではよくプルーン(生食)をみるものの
まだチャレンジできておりません。
(わたしの中ではプルーンといえばつい中井貴一の顔が...)
おいしいそうです、食べてみよう。
ちなみに西洋すももとも言うらしく、
そうなるとぐっとチャーミン!これは食べてみたくなりました。


そういえば、わたしの父の健康法は
「キウイを皮ごと食べる」
だそうで、これまた衝撃だったし
かゆそうだし
真似たくもないのですが
※ゴールド限定
とのことで、少しほっとしました。

でも皮むくけどね、わたしは。

寝ぐせでゴー

August 22, 2011 12:12 AM charly  はいはい

謙遜する礼儀 のようなものってあります?

やっかいなことに
わたしの中には
そいつのいびつなかたちのやつが
結構しっかりと巣くっていやがってます。
礼儀じゃなくなってる。

話す言葉はとってもネガティブ。
思う脳みそほんとはポジティブ。

だったらいいんですけど、
時として いや 気を抜くとすぐに
謙遜通りこして自己否定になるときがあります。
ずっぽりネガティブ。

自分てつまらん人。

そう断言した途端、
まるっきりそうなるんですよね
自己暗示ってすごい。
で、ほんとつまらない気分になります。
つまらん人ってのは、
なんにもおもしろいと思えない人のことだ。

(ちなみに、目の前にいる人に
「なんかおもしろいことないかなあ」って
言われた時も、どうしようもない気持ちになる)



自分がどんな人かなんてどうでもいいし、
ただただおもしろいと思うことをおもしろがってればいいよな。



自分プロデュース みたいな
かわいいはつくれる!みたいな
そういうのはとても不得意です。
(あくまで得意・不得意の話です)
こうみせよう と意識した途端
そのがんばった自作イメージが
ビニールみたいな薄い皮膜になっちゃう。
あの変な透明なおめんみたいに
息苦しくて滑稽になっちゃいます。

ネガティブ→自作→自己嫌悪
この濁った流れを断ち切ることが必要!

そう思ってたら、
最近はだいぶふっきれて
空気がおいしくなってきました。


さあ、自己肯定!
胸をはってゴー

で、
寝ぐせでゴー、してみました。


こういう髪型、ありなの、わたし。



ブブー!(×)

長々と寝ぐせのまま出かけたことを肯定する
それっぽい理屈を考えてみたけど、
ちょっと無理がありました。

人からどう見られてるかって、
やっぱ大切だよね!!

家庭内でえく

November 28, 2010 11:33 PM charly  かつおぶし はいはい

kezuri1.jpg
タンスかな


タンスじゃないよ

kezuri.jpg
かつおぶしのアレだよ

ふとしたおもいつきから
かつおぶしを削りたくなりまして
父より
けずりきを譲り受けました。

そもそも
だし がだいすきでして、
好物:だし汁
なんです。
旨味ってすばらしい!!

だったら
かつおぶし削んないでどうするよ!

しいたけのホダ木
物置に眠ったままですが)


おどろきました、
ぜんぜん違います。
声を大にして言いたい、
ぜひ
お削りなさい、貴方も!

香り、味はもちろんですが
使うときに
必要な分だけ
ちょちょいと削るんですよ
これはパックより
断然、勝手がよろしいんです。

すげいなあ。


にしても
かつおなのに
木みたいで不思議。
かんなにふれるのは初めてなのですが
父が
「粉みたいにならないか
粉みたいになるんであれば
歯をたたくんだか
けつをたたくんだか
なんだか調整して」

心配してくれるわりに
結局どうしたらよいか惑う
そんなアドバイスをくれます。

シュ  シュ

不安。

October 1, 2010 10:40 PM charly  はいはい

写真-1.jpg


ところで、れんこんの穴の中って
洗わなくてよいのだろうか。


きんぴらがすきなのだけれど、
ごぼうを処理すると
つめが真っ黒になるし、
ごぼうの皮が散乱して
後日びっくりするようなところから
ひからびて発見されたりする
だから、れんこんで作ります。
れんこんなら
そんなでもないです。
食感もよいです。
歯に挟まらないし。
切るときもさくさくしていて楽しい。
(ちなみに
みょうが切るときも
さくさくしていて気持ちいい)

で、れんこん切っていたのですが
結構泥だらけですよね。

そして、穴の中。
なんか黒っぽい。
不安です。
閉鎖されているから泥ではない?
よね?
と思うんですけれども、
皮なんだろうか
むかなくていいんだろうか
とか
思ったりし始めてしまい。


...気づいたら
もうとっくに
きんぴらが完成していました。


気にしない、気にしない。


鶏肉の皮に
ときどき
羽がささっていることがあって
気になって抜いたら
毛穴が
ぽかーんと
開きっぱなし!

気持ち悪ー!!

気にしない、気にしない。


某料理番組で
牛タンまるごとを
調理。

口内炎みたいの複数できてるー!
相当気持ち悪いー!!
ガン?舌ガンなんじゃないの!?

気にしない、気にしない。

いや、食べないよできるだけ牛タンは。



うっ


れんこんに
最初にからしをつめた人に
いくつか質問したいです。


また自慢。

September 14, 2010 11:12 PM charly  えんぴつ はいはい

かつて、あっぱれさんま大先生に
ブランド君と呼ばれている子が
出ていたと記憶していますが、
たしか、よくみんなから
「また自慢〜!?」
と言われていました。

そう、自慢てば
周りの人にとってはちょっと不快。
それゆえ
または日本人特有の
おくゆかしさからかもしれませんが
自慢したいことがあったとしても
ぐっと飲み込むこと
よくありませんか?

もしあなたが、純粋に
「自慢がしたい!」
と思うのであったとしたら
自慢の内容として
不快感をあたえないものを選ぶとよいです。

そこで今日おすすめするのが
「蚊に刺され自慢」。

蚊に刺され自慢?

そうです。
蚊に刺された箇所数
(ひとつずつ数えながら指差し確認)
はもちろんのこと、
蚊に刺され島のかたちであったり、
(ひょうたん型やハート型)
蚊との珍バトルエピソードなど
(刺されている途中で力を入れると
 蚊の口が抜けなくなるので
 もがいているところを捕獲した など)
方向性はあなた次第!

もちろん、聞かされた相手も
「へえ・・・」
という程度
(あらわすとすれば
  ・_・ とか  -_- な感じ)
ですので、
特に不快感を与えることはない
(はず)です!

相手との楽しい時間や
話題の広がりを求めることなく
純粋に
自慢欲を解消したい
あなたに
ぜひおすすめいたします。



ちなみにわたし、
3分で8カ所くらいは
よく刺されますよ!

(比べようがないので
 =_= シーン   って感じでしょ!)


あなたも
蚊に刺され自慢で
我慢しませんか!

かんぴょう仕事

July 19, 2010 5:08 PM charly  はいはい

kanpyou.JPG
幼少の頃より、かんぴょう巻きに目がないのですが
かんぴょうが瓜的なものからできている
と知ったのは、ずっと後のことです。

先日、その瓜的なもの
夕顔をいただいたので、
はじめてのかんぴょう作りにトライしてみました。

ひょうたん的なもののようなイメイジだったのですが
カタチはむしろ大根的だなあ。

一部はてっぽうみそ(みそいためみたいなの)
というメニューにして食べたものの、
やっぱりかんぴょうがすきだなあということで
ひたすらむきむき、ネットに入れて干してみると
なんか細すぎたのか、ひもみたい。不安。
もっと太くてよかったようです。


さらにその数日前はあんずを大量にいただいたため、
一部は砂糖漬けにし、残りの大部分を
干しあんずにしてみよう試みたのですが、
小虫大量発生につき(うげー)、
大失敗に終わりました・・・
(砂糖漬けは無事です!)

ネットにはいれてはいたものの
無防備に出しっぱなししすぎたのかしら。
干せばいいってもんじゃないのですね。
やってみなきゃわからないことだらけです。
もったいないけど、学びます。


梅、かんぴょう、あんず、
そのまま調理しても食べられるけれど
手を加えて保存食にするものが多くて、
めんどうだなあと思いつつも、
作物が豊富なこの時期は
新鮮な味をたのしみながら一方で
長期的な目を持って貯蓄をする
そういう季節なのかもしれません。


今すぐ、やりおえて結果が欲しい
テスト勉強はもちろん一夜漬けだし、
無計画でせっかちで辛抱弱い(笑)
わたしにとって、こういう「準備」という考え方は
少しずつでも身に着けたい事柄だなあと思います。
(カイザーケイスケも「よい準備」と言っているもの!
ミーハー!ヒューゥ)

ときどき、
自分以外のすべての人や物が
高速で動いていて
どんどん取り残されていくような
どうしようもないあせりやさみしさを
感じるようなことがあったりするけれど、
もしかしたらそれは、
とても無意味なことで
今自分は
準備をして蓄えている時期なのかもしれない
そう考えた方が健康的だなと思いました。

ほんとうに静止しちゃってたら意味がないけど、
どんな貯蓄が必要か考えつつ
外見は低速に見えたとしても
脳内は常に動いていて
着実に内部に蓄積されていくものがあれば、
ついでに、
あせりやさみしさなんかを
その貯蓄をさらに加速させる力に変換できたとしたら、
すごく筋肉質でムキムキの丈夫な人になれるかもしれないと
そんな野望を抱いているところです。


ありがとう、
ひもみたいな
かんぴょう。
かんぴょうで筋トレ。



ウフ理論

July 7, 2010 2:09 PM charly  えんぴつ はいはい マスク

egg.jpg

CMでおなじみのウフ・マヨネーズ。
クックパッドにまで出ててびっくりです。

マヨネーズがおいしいのは
もう文句なしに賛成なのですが、
昨日、某TV番組で
太っちょでおなじみの俳優が得意げに
ごはんにマヨネーズをオンしていたので、
さすがに
今時そういう無鉄砲な食べ方ネタにするなんて
時代錯誤もはなはだしい
愛マヨネーズ家のひとりとして
ささやかな怒りを感じました。
あいつめ!バカか!


なーんちゃって!
不快指数100で失礼しました。

ウフはフランス語でたまごの意味だそうですね。


意味といえば。

何かが起こったとき、

望むこと、望まないこと、
予想もしなかったこと、
つらいこと、悲しいこと、うれしいこと、

それが自分に起こった ということに
きっと何か意味があるはずだわ

という考え方があります。


実際その出来事は
たまたま、ただ、その時
現象として起こっただけで
地震みたいにメカニズムはあったとしても
その人に何かを与えよう とか
その人の何かを試そう とか
そんな意味なんてあるはずもないのに、
なんだかすがるような、
ちょっと弱々しい姿だな と
実は思っていました。


でも
そう思うことでがんばれたり、
その結果、自分でよい成長ができたとしたら
意味 は結晶化してそこに現れるわけで
弱々しいどころか、
なんでも咀嚼して自分の栄養にできる
すききらいなくなんでも食べるよいこであり
生命力がとても強い
生物としてものすごくすぐれている姿だなと
ふとそう思いました。


だから、
意味を考える ということとは、
正解を探すことではなくて
自分の方針を決めること
に近いような気がしますウフ。

(でも、
ウフはフランス語で
たまご の意だそうです。)


でもって、最後にひとこと。


ウフ。

梅仕事シーズン

June 22, 2010 1:52 AM charly  うめぼし しそジュース はいはい カタチ

夏至でした。

昨年の夏至頃は、
小梅を割りまくって、
甘酢漬け作りを手伝っておりました。
(甘酢漬け、あんまりすきじゃない)
あと、カメヤマ・キャンドルナイトをやっていた様子。

今年の夏至頃は、
やはり
小梅を割りまくって、
甘酢漬け作りを手伝っておりました。

去年と違うのは、
今年は梅が不作らしく
青い梅を集めるのが大変で、
熟した小梅がたくさん手に入ったということ。

熟した小梅って、ほんとうにいいにおい
すももみたいなの、フルーティです。
(そのおかげか甘酢漬けすきになった)

熟した小梅は、
カリカリとした甘酢漬けにならないので、
ごっそりいただいて
梅干しにすることにし、
さっそく仕込みました。

umeshigoto.jpgのサムネール画像
フルーティな香り!

香りに誘われて、
白梅酢を味見してみましたしょっぱい!!
(あたりまえ)

umeshigoto2.jpg
無事赤じそ漬けまで完了、
あとは梅雨明けを待つばかりです。


赤じその季節といえば
恒例のしそジュースも忘れずに。

shiso10.jpg
またこのルビーの季節がやってきたわあ!
1年ってはやいものですね。

昨年はジュース後のしそを
まずい感じにしかできませんでしたが、
今年はなんとかふりかけ化に成功しました。
umeshigoto3.jpg
ちりめんをいれたら、
ちりめんが染まった!
塩、醤油、みりんで味付けを。
なんとか食べられそうです。

しそ、リボーン!


ちなみに
購入した赤しその茎から
何本か根が生えていたので
植木鉢に植えてみましたが、
しおれてのりみたいになりました。

しそ、リボーンならず。
赤しそ無限ベランダ、
夢見ていたのに...。
 1  |  2  |  3  |  4  | All pages

welcome to kurkunpää
kurkunpää(クルクンパー)はcharlyの書き散らかすスケッチブックです
ある、虫の計画を立てています
徐々にカタチになっていくと思います
どうか観察する気持ちでちらちら見てもらえればと思います

kurkunpääはフィンランド語で「喉頭」という意味です
「喉頭」らしさを予定しています

最近のブログ記事

月別アーカイブ