Jogga

今日はなにを

March 24, 2010 11:35 PM charly  はいはい 図書

暮しの手帖という雑誌がとてもすきなことは
いつぞや
以前にも申し上げたかもしれません。
けしてお堅いわけではないけど、
いつのまにか
ほどよく背筋をのばして
しゃっきりして読んでいる、そんな雑誌です。

きちんと丁寧なことばで語っているからでしょうか。
まじめな姿勢がなんともすきです。
まじめさゆえ、くふ、と楽しくなったりする語り口も
またくせになるのです。

そんな要素が濃縮された代表的コーナー
「暮らしのヒント集」(今日はなにを)
が、なんと待望の単行本化されているっ!!!

ガガーーン

買いました。
あヽ、わくわくするー!
(図書館で借りた本が山積みでまだ読めていません)

このわくわくを伝えたいので、
一部抜粋にてご紹介いたす。

46 明日は起きぬけに行進曲をかけてみましょう。
   支度がテキパキとはかどるみたいです。

56 友だちと一緒に、笹の葉で小舟を作りましょう。
   そして近くの川へ流しに行きましょう。
   自然のなかで遊ぶと、心が大きくなるものです。

72 前髪を上げて、おでこを出してみましょう。
   運気が上がるといいますよ。


前髪切ろうか悩んでたけど、やめます。
はあ、わくわくするー!

こういう風に、ちいさな工夫をして
楽しもうという姿勢が
なんともひたむきでかわいらしく
愛おしさ満載の一冊です。






自分の中で
工夫しながら、
満足しながら、
折り合いをつけながら、
ひとりでちまちまやることがなんともすき性分なのですが、
そんなわたしにうってつけのアプリを
このたびアイフォーンに導入しました。
瞬間日記 というやつ。コレ便利よ!

twitterやってて、くだらぬことしか言わぬものの
やっぱり読む人を思うと
いくらか言葉を選ぶんですよね。
発信して受信するものなので。
これは同じ140文字+画像の
完全な自分用メモ帖だから、
twitterの感覚でありながらも
無遠慮にがしがし書けちゃう楽しさが
なかなかくせになります。
検索もエクスポートもできるみたい。

ひとりツウィート、今日はなにを。


目袋を鍛えるには

January 31, 2010 6:38 PM charly  はいはい 図書

眠れない恐怖はまだ続いているのですが、
「眠れなそうで、ふとんに入るのがこわい」
とつぶやいた晩、すぐに眠れました。

繊細ぶってからに!

代表から
「眠れないときは、まぶたの裏を見るように
眼球を上向きにしていれば眠れる」
とのアドバイスをもらったのですが、
どうにも半目になってしまいうまくいきません。

そういえば、何かの呼吸法かなんかの本で
「食欲をおさえる呼吸法」の説明に
"親指と人差し指をつけ、両手それぞれ輪を作り、深く呼吸します、半目で"
みたいなのがあった気がするのですが、
まず半目が恥ずかしくてちょっと無理でした。(飯時は人目があるし)

でも半目にすると、近頃気になりだした
目袋のたるみエクササイズ になりそうなので
ちょっとしばらく眠る前に続けてみようと思います。
→入眠法としてはいかがなものか疑問。


それでもって、同様に、
眠れないとき逆効果になりがちなのが読書なのですが
選ぶ本次第であることはいうまでもありません。

年末立て続けによんだ湊かなえさんの以下3冊は、
どれも面白すぎて徹夜になるに決まっています。
寝る前をおすすめしません、ので!

人物それぞれの視点を組み立てて、
「出来事」を自分で構築しながら読みすすめていくような
その設計がすきで、すっかり中毒になりました。
様々な方向からのスポットライトがひとつずつついていき、
真ん中にある立体が次第に姿を現す といった感じです。
断片が見えるたび、ドキー!とします。

ちなみに
読むことで「爽快感」や「快適な心地よさ」や、
明日から生活を明るくする「想像のヒント」や
これからの人生に有益な「価値観」や「教訓」
などを得ることこそが
読書の目的だと考える方にはちょっと合わないと思います。

どこにもさわやかさはないし、
どうしてこの人こんな風に思っちゃうんだろう嫌だ
と思いつつも、
自分もそうかもしれない とか
みんなそうなのかもしれない とか
ちょっとした絶望や、これが現実?といった厳しさを
目の前にずらーと並べられてどよーんとするんだけれど、
その無遠慮な感じがかえって魅力的というか
すごい引力を持っていて、素直さすら感じたりするのです。
読書を楽しんだなあと、「読む」楽しさを感じた本たちなのでした。

まったく、困りものです。


welcome to kurkunpää
kurkunpää(クルクンパー)はcharlyの書き散らかすスケッチブックです
ある、虫の計画を立てています
徐々にカタチになっていくと思います
どうか観察する気持ちでちらちら見てもらえればと思います

kurkunpääはフィンランド語で「喉頭」という意味です
「喉頭」らしさを予定しています

最近のブログ記事

月別アーカイブ