Jogga

思いきる

October 1, 2011 11:27 PM charly  はいはい 胃腸

わたくしごとながら、
冬をむかえるにあたって
ひそかに一大決心したことがあります。


それは

脱・ヒートテック
脱・タートルネック

です!!!!


このご時世に!
この 大ヒートテック時代に!!

ずいぶん大きく出ました。


冬生まれながら、
決して寒さに強いわけではありません。
むしろ弱い。
だのになぜこの決断に至ったのかというと

・ヒートテック→静電気がすごい
・タートルネック→肩こりがひどい
(※個人的見解です)

とかねてから悩んでいたからです。


でもって、冷えとりをはじめたのですが
その内容ともつじつまがぴったりあうので、
これは!と決心した次第です。

・肌に直接ふれるものは
 綿麻絹などの天然繊維のものに
・上半身はゆったりとした服を

ああそうか、と。


いろいろありますが、
基本的には「頭寒足熱」を保つ ということで
とりあえずまずは
靴下の重ね履き が手っ取り早いので
さっそく試し始めたところです。
(初心者なのでまだ3枚)

5本指絹・綿・絹・綿...と重ねて
4~7枚とか、もうみんなどんどん重ねるらしいです。
それって、足どんな!!?と思っているのですが
3枚の今現在、
重ね履きの不快感みたいなものは全くなく
思っていたよりはるかにあったかくて快適だし
かなりあってるみたいです。

半身浴も、正直
「40℃以下なんかに20分以上も入ってたら
逆に風邪ひくさ」派だったのですが、
上半身をけしてぬらさない
(ぬれたらタオルでふきながら
もし肩にタオルをかける場合は乾いたタオルを!)
ようにすれば、あら不思議
ほんとにじんわり汗ばんでくるので
これはぜひお試しいただきたいです。


寒さきびしくなるにつれ
はたしてどこまで耐えられるでしょうか。

ちなみに、
グンラ グラの決心ですので、
両者を捨てるにはいたっていないことも
あわせてご報告いたします...


わたしがこれらを着ているところを
もし見かけるようなことがあれば
どうか、そっとしておいてください。

胃腸のこいびと

February 4, 2010 7:26 PM charly  うめぼし はいはい 胃腸

体の不調を訴える記事が続いておりますが、
もうひとつ
生まれてこの方、まったく縁のなかった不調に
実は襲われております今日この頃。

それは、胃腸です。
女子といえば胃薬を常備するものであり、
それに憧れすら抱くほど
胃腸の不調に縁遠かったのですが、
近頃はほぼ毎日胃がむかついております。

胃がむかつくって・・・・むかつくって・・・(笑)

なんて思っていたんですが、
これか!
と、確かにむかついておるのです、
困ったもので。

それで調べたところ、
梅醤番茶 がいい!っていうんで
毎日朝イチに飲んでおります。
(なんでも朝いちばんに胃袋に入るものが
 とても重要だそうなんです)

梅醤番茶は
梅干を種をとってつぶしながら練り、
醤油を加えさらに練り
(小さじ1/2ということですが、わたしは2滴くらいです)
そこにおろししょうがを少々
熱い番茶を注ぐ
(三年番茶がいいそうですが、ほうじ茶で妥協)
というものです。

梅干だいすきだし、梅昆布茶もすきだから
これはおいしく飲めて、あたたまってグーです。
弱った胃腸にしょうががよいそうですよ。

またしょうが!!
すげーなしょうが
(わたしとしょうがとの因縁)

おろししょうがをまとめておろして冷凍保存しておこう
と、これは名案!とトライしたのですが
がっつり固まって
やむを得ず、はさみで削りながら使っています馬鹿か!



welcome to kurkunpää
kurkunpää(クルクンパー)はcharlyの書き散らかすスケッチブックです
ある、虫の計画を立てています
徐々にカタチになっていくと思います
どうか観察する気持ちでちらちら見てもらえればと思います

kurkunpääはフィンランド語で「喉頭」という意味です
「喉頭」らしさを予定しています

最近のブログ記事

月別アーカイブ