Jogga

猥褻カルボナーラ。

May 1, 2014 2:01 AM yuzzy  

とっても凄くわけあって。

先日、ニコニコ生放送に一瞬だけ
出演する機会があった。

今、ふとその時の動画を見てみたのだが
自分が登場したときのコメントを初めて見た。

その日、白シャツを着ていたこともあり
「888888888888888888888」と迎えられたあと、
まず「イタリアンレストラン経営してそう」なんて
コメントが出て、いいじゃないかカルボナーラ、と
思っていた矢先「AVの整体師みたい」と出た。

わかるけどさ。

とっても凄くわけあって。
とっても凄くわけあって。

直球ガンジニスト。

February 26, 2014 2:49 AM yuzzy  

自分がOAを担当する班が、
今週も順調に回っている。

ディレクターは穏やかで、
ADもニコニコと笑っている。

自分の班だけが良ければいい、
とは微塵も思わないが、
それでも自分の班の時はいつだって
楽しく仕事をして欲しいな、とは思う。

近年、自分が褒められることよりも、
下の人が褒められるように動いて、
そして下の人が褒められることの方が
なんだか嬉しくなった。

加齢だな、と思うけれど
加齢で何が悪いんだ、とも思う。

まあでも昔からそういう
ガンジー気質ではあったのだ。

このままこのまま。

このまままっすぐに成長して、
立派なガン爺になりますように。

軍師アップルパイ。

February 1, 2014 3:28 AM yuzzy  

先日、ふと愛しのMacBook Proを見ると
背面のバッテリーが大きく膨張していた。

apple.jpg

ちょっとした有名店のアップルパイ気取りか、と
見まごうぐらいの膨れ具合だが、
そう感心してもいられない。
急いでアップルストアに駆け込んだ。

曰く、長期にわたり使用していないことが原因で
曰く、定期的に起動することが望ましい、と。

確かに最近、自らMacを持ち出して
編集する機会は減少し、
他人が作ったものに対して指示することが増えた。

立場が上がる、ということの一端は
そういうことなのかもしれないが、まあでも。
絶対にディレクターたるもの、編集してなんぼだし、
何より今の私はまだ圧倒的に
その立場であるはずなのだ。

サイバーなアップルパイに思い知らされる。

ああ、春が。
言い訳のできないくらいに、春が近づいてきた。

憑依ジークンドー。

January 26, 2014 1:35 AM yuzzy  

土曜日。仕事用のリサーチとして
一気にブルース・リー作品を4本鑑賞する。
圧倒的なアチョー・サタデー。

「ブルース・リー映画、最大の効用は
 それを見た人間が自分はブルース・リーなのだと
 信じ込んでしまう憑依性にある」

なるほどな、と確かに思う。

これまでブルース作品を1つも見たことが
なかった私だが、確かに鑑賞後、
ちょっとしたドラゴン・ステップで
トイレに向かい、今日一日は
それとなく燃えよドラゴンだった。

いいなぁ、突き抜けた色気。
さあ、明日はジャッキー・サンデーだ。

酢飯サンドイッチ。

September 6, 2013 12:19 AM yuzzy  

月曜日、夜の生放送が終わって
渋谷で一人、寿司を食って帰社。

打ち合わせを終えて24時、
そのまま食事に誘われる。

向かった先は―、
赤坂の寿司屋だった。

寿司を愛する人は 心魚(うお)き人
朱を紡ぐマグロのような ぼくの友だち

肩書モーツァルト。

August 27, 2013 3:01 AM yuzzy  

「○○の作家をやっていました」とか、
「△△の演出をやっていました」とか。

私が仕事場にしている"テレビ業界"は、
携わってきた番組が1つの
「名刺代わり」になることがある。

それは時に「出身大」より意味を持つし、
だからつまり―、それを鵜呑みにすると
たまに"失敗"することもある。

最近、そんな"名刺"に色々と
思うことがあり、だからこそ改めて、仕事は
「どこでやるか」より「何をやるか」だよな、と思う。

「愛、愛、愛。それこそが天才の神髄なんだ」
モーツァルトの言葉だ。

もちろん、究極的には何をやるか、より
誰とやるか、だけれど。

陰電ツキノワグマ。

July 30, 2013 1:04 AM yuzzy  

勘のよい人なら気づいたはず、なのだ。

先日、ふと「ドライヤー」を見ると
まさかの「93年製」と書かれていた。

確かに一人暮らしを始めて15年、
買い換えた記憶はなかったが、
まさかのそれ以上の歴史だったなんて。

ツキノワグマの寿命とほぼ同じ
「20年」という重み、歩み。

童貞卒業の、そのずっと前から
私の髪と涙と何かを乾かし続けてくれたのか!
なんて感慨にふけりながらも
昨日、あっさりと新ドライヤーを購入。

そこには今まで意識も経験もしたことがないような
"マイナスイオン"の文字が。
しかもあるボタンを押せば追加で
より大量の"マイナスイオン"が噴射されるんだって。

だから。
勘のよい人なら気づいたはず、なのだ。

今日の私、
平素より、マイナスに帯電してたって。

ワックスで固めながらも、ナノでナノで。

勘のよい人なら。
勘のよい人なら。

素数セクシャリティ。

July 18, 2013 12:34 AM yuzzy  

2,3,5,7,11,13,17,19,23―。

1より大きい整数で、1とその数以外で
割り切れない数を『素数』という。

それでは、差が「6」の素数の組、
例えば(5, 11) や(7,13)などを
『セクシー素数』と呼ぶのをご存知だろうか。

ラテン語では「6」が「sex」で
あることに由来するらしいが、
小学生から理数系を好んでいた私は、
学生時代、専門書で『セクシー素数』という
言葉を見つけ、そこそこ体中を何かに貫かれた記憶がある。

「初恋の人がガーターベルトを着用」と同じぐらい、
切なくも圧倒的でロマンティックな事実。
あんなに"飾らない"素数が
実は裏でそんな異名を持っていた、なんて。

数学界で「神の暗号」とさえ言われる素数。
そんな素数の"ガーターベルト癖"に魅せられた私は、
今でもお酒を飲みながら
「素数」について調べたりする。

すると更なる発見。

(7,13,19)や(17,23,29)のような
差が「6」の3つの素数の組み合わせを
「セクシー素数の三つ組」と呼ぶんだって。
いいな、その名称。
ちょっとした恵比寿マスカッツみたいになっとるがな。

何にも属さない、その一匹狼な生き方。
この夏、目指そう、素数男子。

遭遇ラヴアゲイン。

July 12, 2013 1:36 AM yuzzy  

今日、仕事で初めてケンドーコバヤシさんとご一緒した。
ここ数年、私が唯一"似ている"と言われ続けた芸能人だ。

そんなもの、ヒゲと関西弁だけだろう、と
何度も否定したが、数え切れないほど言われると
自分でもそうなのか、と多少は意識してしまう。

古くは合コンやキャバクラで言われ、
2009年には、一緒に仕事をしていた
格闘技イベントでラウンドガールをやっていた
菜々緒さんに言われたこともある。

あるいは。

あるいは2年ほど前に、
実の母親に言われたっけ。
いったい、あなたの父は誰なんだ、と
突っ込みたくなったが、母親に言われたら
もう、きっと、そうなんだろう、と
大して否定もしなくなった。

そして今日。
素晴らしい人だった。
前からとても好きだったが、
改めてより好きになった。
ああいう大人になりたい、とさえ思う。

今日は良い一日だ。

まあでも。

"似ている"とはやっぱり違う気がする。
TENGAだって1回しか使ったことないし。

全幅ジャケット。

May 23, 2013 1:59 AM yuzzy  

明日は海外の"鬼才"映画監督のインタビューロケ。
先日の試写会でいたく感銘を受けたこともあり、
自らインタビュアーに名乗りを上げてしまった。
そんなキャラでもないくせに。

どうしよう。
とりあえずジャケットか。
とりあえずジャケットだよな。

きっと、ジャケットがあれば
大体のビジネスは上手くいくはず。

ジャケットがあれば。
ジャケッ。
 1  |  2  |  3  |  4  | All pages

welcome to 吸血ジャールゴン
吸血ジャールゴンは、妖怪ではありません。
jargonとは「わけのわからない言葉」であり、 そんな「たわごとの群れ」から、 何かを吸い出そうとする人間の日常です。

吸血動物はヒトと共存できませんが ジャールゴンは、その限りではありません。

最近のブログ記事

月別アーカイブ