Jogga

勇気マンモ。

July 27, 2010 12:08 AM yuzzy  diary suggest

名前はその人自身の歴史であり未来であり、
逃げることの出来ない現在だと思う。

だからこそ、納得いかない名前がつけられているものに
私は過剰に反応してしまう。

そう、マンモグラフィーの話だ。

乳ガン早期発見のための検査の一つなのだが、
何故、乳房の検査がマンで始まるのかここ数日ずっと悩んでいる。
ラテン語で乳房を意味する『マンマ(mamma)』との造語らしいが、
そんなことはどうでもいい。

出来れば、いや、絶対に。
そのイントロは子宮検査に使うべきだと思う。

その流れで言うと。

私は残念ながら容姿がうさんくさいこともあり、
新宿で自転車に乗っているとよく警官に止められる。
窃盗に関する本人確認のための停車なのだが、
実はそんなに育ちが悪くない私は素直に応じる。

ところが、だ。

例えば自転車に貼ってある防犯登録ナンバーが
「新宿C 2414-××××」みたいな番号だった場合、
いつも無線機に向かってその警官は
「シンジュク、チャーリー、2414・・・」と本部に確認を要請する。

なんでそんな自転車確認で「チャリ」って聞こえる言葉を使うんだ、と。
なんでそんな美しくないことになんねん、と。

どうも調べると聞き間違いを防ぐための無線用語らしいのだが
(A=アルファ、B=ブラボー、C=チャーリー、D=デルタ・・・)
そこはチャーリーは止めよう、と誰かが勇気を持って言わないと。
そういうちょっとした「被り」は美しくないじゃないか。

まあそう怒りながらも最近買い換えた
私の自転車はシンジュクブラボーなのだが。

ブラボー!

統一ナンバーファイブ。

July 23, 2010 11:21 AM yuzzy  diary suggest

間違ったことを言うのは慣れている、極論だとしかめ面されることも。
しかし悪役と罵られても叫ばなければいけないときがある、
だって私は男の子だから。

さてっ。

前回、ATMに関する許せない話を書いたのだが
今回はATMの逆、人間側の話だ。

私はATMで現金を下ろす際、いつも5万円と決めている。
もちろん必要に応じて増えることもあるが、
基本的に普段の生活での出金は5万円である。

逆に言えば、何故みんな5万円じゃないのか、と思う。

5万円あればしばらくは過ごせるし、
ATMに行った回数で下ろした金額がわかる。
何より通帳で見たときの羅列バランスが圧倒的に美しい。
あるいは時間外手数料だって細かく下ろすよりは絶対に安く済む。

それに25日や月末恒例の行列も、
みんなが普段から5万円下ろす習慣が根付いていれば、
ほんの少しは解消されるはずだ。

これを人に説くと
「必要じゃない額以上を下ろすと無駄に使ってしまう」と
返答をもらったがオカマか、と思う。

たくさんあるからあるだけ使うって、
完全に食べ盛りのネコの食い方じゃないか。

結論―。

貯金が一桁の場合はその限りじゃないが、
10万円以上あるのなら、ATMの最低出金金額は5万円からでいい。

想定シーソーゲーム。

December 2, 2008 4:47 AM yuzzy  suggest

例えば、新しい服でも、新築の家でもいいのだけれど、
人から「これ幾らだと思う?」と聞かれるのが
苦手で仕方がない。

たぶん「思ったより安い(高い)でしょ」
みたいなやりとりが、その後に続くんだろうけど、
その期待を裏切らないぐらいの、
多からず少なからずの値を言うのが、本当に重圧だ。

年齢に関する質問でも然り。
「いくつに見える?」的な。

自分でも生真面目だな、とは思う。
これが反抗期のないまま29歳になった、私の私たる所以なのか。

あのさじ加減は本当に難しい。
たまに想定値を大きく逸脱してしまうと、
相手のトーンダウンがハンパない。
自分が悪者になった気さえする。

みなさん、このやり取り、止めませんか?

welcome to 吸血ジャールゴン
吸血ジャールゴンは、妖怪ではありません。
jargonとは「わけのわからない言葉」であり、 そんな「たわごとの群れ」から、 何かを吸い出そうとする人間の日常です。

吸血動物はヒトと共存できませんが ジャールゴンは、その限りではありません。

最近のブログ記事

月別アーカイブ