Jogga

棒的ハードクエスチョン。

December 13, 2011 5:37 PM yuzzy  word diary

先日、とある居酒屋。
隣でそこそこのオヤジサラリーマンが
後輩と思われる若いOLに酔っ払いながら話しかけていた。

若干、周囲からは暑苦しく見えるものの
若い女性の気を惹きたい、という彼の気持ち自体までは
否定されるべきではない。問題はその後だ。

そのサラリーマンは得意げな顔で、なぞなぞを出し始めた。
それも酒の席でかわされるような、少し大人のなぞなぞだった。

「Hになればなるほど、硬くなる棒ってなーに?」

出たよ、おい。
平成もまもなく24年目に突入する時代に出たよ、と思う。

いくぶん酔っ払っていたそのOLはしばらくの後、
少し恥ずかしそうに「男の人の...アレ、ですか...?」と答えた。

するとそのサラリーマン。してやったり、の表情で
「ブブー、間違いです。答えは鉛筆です。ひっかかったなー」
的にハシャギ始めた笑い始めた手を叩き始めた。

私は。
私は思わず鉛筆でもアレでもない硬い棒的なもので殴打したくなった。
間違っているのはお前だろう、と。

別に「男の人のアレ」でも絶対に"間違い"ではないし、
"ひっかかって"もないだろう。
「鉛筆」と並ぶ答えの1つ、それ以上でも以下でもないはずだ。

"ひっかかって"しまった"間違い"というのは
例えば昔流行った「ピザ×10」「ここは?」「ヒザ」的な
10回クイズならわかる。あれは明確にひっかかって間違っている。

でも「Hになればなるほど、硬くなる棒ってなーに?」という問いに対して
「男の人の...アレ」は絶対に間違いではないっ!
彼女は何もひっかかっていないっ!

って思わず硬くなるぐらいに興奮してしまった。

ふぅ。
とにかく。

俺より長く日本で生きているんだろう、
だったらもっとそこら辺の違和感に気付けよ、
とおっさんに対して悲しくなる。

ってまあその人がEDだったら、この怒りはその限りではないのだけれど。

生傷ティラミス。

June 23, 2009 2:22 AM yuzzy  word

基本的にあまり他人に多くを求めない性格ゆえ、 
イメージと違う事態に直面しても 
大きなダメージを受ける方ではない。 

好きな女性がタバコをぐいぐい吸おうが、 
憧れていた上司に変な趣味があろうが、 
別にそれはそれで、と飲み込むことが出来る。 

そんな私が久しぶりに咀嚼すら困難な、 
致命傷に近いダメージを受ける対象に出会った。 

その相手とは「ティラミス」である。 

オシャレな洋菓子「ティラミス」 
その英語表記はなんと「Tiramisu」であった。 

これはあかんやろ。 
英語じゃなくて完全にローマ字じゃないか。 
ロマンも色気も知性も何もない。 

「tell a mistake」とか「Tiara miss you」とか 
よくわかんないけど、そういう雰囲気のある単語だと思ってた。 

ショックだ。本当にsyokkuだ。 

野獣スワロフスキー。

June 9, 2009 10:52 PM yuzzy  word

昨日の日記を書いた後、jogga代表から 

「それメラノーマっていうガン細胞じゃね?」 
というありがたいのか、切ないのかわからないメールが着た。 

その真実はともかく【メラノーマ】という単語はいい。 
私はメラ惹かれてしまった。 
完全に、完全に破壊力のありそうな「呪文」じゃないか。 
位置的にはメラ→メラミ→メラノーマ→メラゾーマ、辺りか。 

単語と言えば先日、既存の価値観を覆すぐらいの 
衝撃的な女性的ワードを知った。 

基本的に私は、ミュール、マスカラ、バンプス、レギンス、など 
女性っぽい単語になんだか弱いのだが、 
あまりに"逆に"突き抜けた女性用語。 

【スワロフスキー】である。 

たぶんこれを読んでいる男性陣は9割方知らなくて、 
たぶんこれを読んでいる女性陣は9割方知っているだろう。 
いや、意外と女性でさえ知らないのでは、というほどの未踏。

スワロフスキーとはクリスタル・ガラス製造メーカーの名前で、 
そこがラインストーン始め、様々なアクセサリーを展開している、らしい。 
ようはキラキラした何か、ってこと。のはず。

それにしてもスワロフスキーって。 
キラキラとは全く逆の名前じゃないか、と思う。 

ミルコ・クロコップvsイゴール・スワロフスキー、 
みたいな試合があってもおかしくない。 
立ち技のミルコ対寝技のスワロフ、みたいな。
ちょっと見たいもん。 
それぐらい呼称の違和感がハンパない。 

深い。女性の流行は深くてわからん。 

男性陣、困ったらスワロフスキー。 
大体の女性はスワロフスキー好きー。(完全なる誤報) 

深剃オッカム。

February 13, 2009 1:47 AM yuzzy  word

夜分、週に一度のヒゲの手入れ。 
口上3mm、アゴ6mm。お決まりのスタイル。 
カミソリを持って、私はふと"オッカムのカミソリ"を思い出す。 

"オッカムのカミソリ"とは―。 

"オッカムのカミソリ"とは様々な解釈があるが、ざっくり言うと 
「同じ結論を導き出す場合、よりシンプルなものを選ぶべきである」 
という原理。無意味な仮説は削ぎ落としちまえ、ってな感じ。 
「Simple is best」とは少しだけニュアンスが違う。 

例えばこうだ。 
大好きな女性を思い切ってデートに誘った。 
「明日の21時に渋谷駅前で待ってます。 
 映画を見て、それからイタリアンでも食べませんか?」 
当日、その女性は来なかった。ここで男は思案する。 

・急な仕事が入ったからか? 
・21時からじゃ終電に間に合わないからか? 
・渋谷の人ごみが気にいらなかったのか? 
・見たい映画がなかったのか? 
・イタリア料理が好きじゃなかったのか? 

悩む男。ここでオッカムの登場である。 
つまり"オッカムのカミソリ"を用いれば 
「その男のことが好きじゃなかったから来なかった」となる。 
このシンプルな思想こそが"オッカムのカミソリ"である。 

世の中は理屈で成り立っている。 
だからこそ、一人一オッカム。

最後に、アインシュタインの言葉も引用しておこう。

「理論はできるだけ単純にせよ、限度ってものはあるが」 

けだし名言である、これはこれで。

弾指アラビアン。

January 30, 2009 3:43 AM yuzzy  word

基本的にyoutubeとWikipediaがあれば、白米が食える私。
ほぼ毎夜、気になる動画(情報)からリンクリンクを繰り返している。

先日、Wikipediaで「命数法」を調べていると、
そのあまりの言語感覚に、思わず箸を止めてしまった。

命数法とは「数詞を用いて数を表す命数の方法」なのだが、
具体的に書き表すと、

一、万、億、兆。

ここまではわかる。
ちなみに兆で、10の12乗だ。

以降、京(けい)、垓(がい)と続き、
面白いもので言うと、極(ごく)はなんとなく多そうでわかるが、
10の64乗になると不可思議(ふかしぎ)だって。
数える気なくしとるがな、と。

小さいほうはもっと興味深い。

一、分、厘、毛までは知っている。
以降、10のマイナス4乗の糸(し)、忽(こつ)と続き、

10のマイナス12乗から
獏(ばく)、模糊(もこ)、逡巡(しゅんじゅん)、と
いよいよ迷子になっとるがな、と。

10のマイナス18乗は、刹那(せつな)と
なんだかT-BOLANの歌詞に出てきそうで
10のマイナス20乗は、虚空(こくう)だぜ。
完全にイッってもうとるがな、と。

以降、清浄、阿頼耶、阿摩羅、涅槃寂静と
読み方を書く気すらしない単位へと続いていく。

いいな、命数法。
個人的イチオシはホコリという字の埃(あい)。 100億分の1だって。

日本人ならギガント嬉しい、というより、
阿僧祇(あそぎ)嬉しい、ぐらい言うべきだ。

そんなこんなしていると白米が、冷めた。
Cho→悲しぃ。

熱烈ドラマチカリー。

December 30, 2008 4:12 AM yuzzy  word

もちろん日本語のほうが英語より好きで、
英語を喋れるようになるぐらいなら、
より多くの日本語表現を知りたい、とは思う。

それでも、気持ちいい英語、というのはある。
いわゆる、声に出したい、的なそれだ。

本日、新宿のソニープラザ。
化粧品コーナーにあった
「軽やかな肌に仕上げるパウダリーな...」

いいな、パウダリー。
ワインオープナーに近い気持ちよさ。

かと思えば女性誌に、
「ドラマチカリーな...」と書いてあった。
「劇的に」みたいな意味なのだが、
何だかカワイイ。コロ助的な愛嬌がある。

ドラマチカリー、推していこう。
2013年ぐらいの、流行語大賞を目指して。

整頓ディファレント。

December 28, 2008 6:45 PM yuzzy  word

「引き出し問題」なんだとは思う。

例えば「うつぶせ」と「仰向け」の違いが
私は瞬時に判断できない。
たぶん「寝る」というジャンルの【記憶の引き出し】に、
一緒に入れてしまったのだ。

本来「うつぶせ」は「下向き」引き出しに、
「仰向け」は「上向き」引き出しに、と
別々に収納するべきであった。

同じノリで言うと、
「れっきとした」という単語を書くとき、
いつも「れきっとした」と思い浮かべてしまう。

これは「ドキっとした」と同じ、
「初恋」引き出しに入れてしまったのだろう。

年末は大掃除の時期。
引き出しの中も、きちっり整理整頓。

これはわざと、間違った引き出しを開けた
いたずらっ子パターン。

役所ディクショナリー。

December 10, 2008 12:53 AM yuzzy  word

文章を書くとき、わからない単語や、気になった表現など、
その都度、辞書を引く癖をつけている。

ただ稀に【A】という単語を辞書で引くと、
【Bのような状態】と書いてあり、
その肝心のBの意味が正確にわからず、再びページをめくると、
【・・・でAのように】的に書いてあることがある。

この、たらいまわしism。
ちなみに、たらいまわし、という語源は、
仰向けに寝て、足でたらいを回す曲芸のことを言ったらしい。
ほら、言ったそばから、もう辞書ism。

なんて事を書いておきながら、
今、最大の問題は、その例が1つも思い浮かばないことと、
本当にそんなことがあったのかさえ、自分で疑いだしたことにある。

シェリー、確かにあった気がするのだが。

濃緑ワンツースリー。

December 5, 2008 12:27 AM yuzzy  word

京王線に乗り、車内の中吊り広告をぼんやり眺めていると、
Jリーグ「東京ヴェルディ」のホームゲームのお知らせがあった。

J1残留を最後まで応援してください、というコピーの横に、

「全緑疾走」

と、書いてあった。

こういうコピーが、好きで好きで、嫌いで嫌いで。

帰宅後、思わず公式WEBにアクセスしてみると、

「2008闘強」
「総緑戦!」

と、書いてあった。

ここまでいくと、嫌いで嫌いで。

後撃シルバーバレット。

November 19, 2008 11:02 PM yuzzy  word

ドラキュラをイメージしたVTRを制作することになり、
何となくドラキュラをイメージするものとして、
月の映像素材を使用することにしたざます。(by怪物くんのドラキュラ)

ただ、冷静に考えてみれば、別にドラキュラと月は関係ないな。
月は狼男か。満月を見てガオー!と。
で、狼男、と言えば、銀の弾丸。

銀の弾丸とは。

狼男や悪魔を一発で撃退できる、という意味が転じて、
何かの事象に対する対処の決め手、特効薬、
スポーツにおけるエース選手を封じ込める選手等を
意味することが多い。(byみんな大好きWikipedia)

だって。カッコいいな。

吸血ジャールゴンがもし生物に進化したなら、
銀の弾丸でのみ、撃退できる生物にしよう。

後付け、キャラ付け、箔付け。

welcome to 吸血ジャールゴン
吸血ジャールゴンは、妖怪ではありません。
jargonとは「わけのわからない言葉」であり、 そんな「たわごとの群れ」から、 何かを吸い出そうとする人間の日常です。

吸血動物はヒトと共存できませんが ジャールゴンは、その限りではありません。

最近のブログ記事

月別アーカイブ